独立開業する

整体師を目指している方で、いずれ独立開業をと考えている方は多いと思います。
不況の昨今、自立して生きていくため手に職を持ちたいと考える人もかなり増えていますね。
そこで、ここでは、整体師として独立開業する際のメリットやデメリット、リスクなどについて説明しています。

独立開業するメリット

整体師という仕事は、人を癒し感謝されるというやりがいのある職業であると同時に、高齢化社会を迎えた今、将来的に有望な仕事です。
セカンドライフとしても、大きな可能性が広がると言えますね。

開業する前に知っておきたいリスク

どの業界も同じですが、独立開業にはリスクも伴います。
整体やカイロプラクティックなどの民間療法は、国家資格ではなく民間資格で、以下のような医業類似行為という位置づけとなります。

「医業類似行為は、人の健康に害を及ぼす恐れのある業務行為でなければ禁止の対象にならない」

これは、人の体に害を及ぼす恐れのある業務でないかぎり、職業選択の自由の範囲内で、開業する事が認められているのです。
極端に言ってしまうと、経験の全くない方も「明日から私は整体師です。」と言えば看板を出す事ができるんですね。
当然そんな人はあまりいませんが、それでも学んだ整体スクールや講師のレベル、経験などによって整体院の実力が様々なのが、この業界の特徴。
そしてその実力が、生き残れる整体院になれるか否かを左右します。

つまり、こういった資格だからこそ、独立開業するには整体師としての腕と知識・スキルが非常に重要な職業なのです。

最近では競争も激しくなり、いかに患者を獲得できるかにより、勝ち組と負け組がはっきり分かれるとも言われています。
そのため、しっかりとした整体スクールで基礎知識から整体技術、そしてカウンセリング技術や経営スキルまで総合的に学び、整体師に必要となるスキルをきちんと身に付ける事が重要と言えます。

また、施術をしていて相手を怪我させてしまった場合など、個人で保険に加入していないと、
多額の請求を負担しなければならないこともあります。
自分の身は自分で守るのが大切ですが、整体スクール側で加入できる保険制度もあるようなので、
そちらに加入されることもお勧めします。

コンテンツ一覧