スポーツトレーナーになる

整体師の資格取得後に、スポーツトレーナーとして働く道もあります。
ここでは、スポーツトレーナーとして活躍できる場について紹介しています。

スポーツトレーナーの仕事とは?

スポーツトレーナーとは、プロやアマチュアのスポーツ選手から一般の人まで、より良いコンディションで競技に臨めるよう指導・育成し、健康管理や栄養面のケア等をする仕事です。
また、トレーニングや試合中のケガに対する応急処置や予防、コンディショニングなど、スポーツ選手のトータルサポートまで行う場合もあります。

さらには、テーピングでの障害予防や、選手がケガをした場合の機能回復、ケガ再発を防ぐ為のアスレティックリハビリテーションが行えるのも、スポーツトレーナーの特長です。

スポーツトレーナーには、個人に合わせた技術・メンタル指導から健康管理までサポートするには、スポーツ科学や栄養、身体に関する事まで幅広い知識が必要となります。
また、プロスポーツ選手の専属トレーナーを目指す場合は、競技特性に合った肉体改造や筋肉強化を行える必要もあります。
明日の一流選手を育て、支える事のできるやりがいのある仕事と言えますね。

活躍の場が多種多彩

スポーツトレーナーの活躍の場は幅広く、アスレティックリハビリセンター、スポーツ施設、スポーツ専門医療機関、トレーナー派遣企業、学校、フィットネスクラブ、企業のスポーツチーム、健康福祉施設、高校や実業団スポーツチーム等多岐に渡ります。
また、トレーナーといっても以下のような様々な分野に分かれます。

最近では、老人福祉施設、介護保険施設や介護予防事業等で活躍するスポーツトレーナーも多く、雇用形態は正社員、契約社員が一般的です。
また、国内外のスポーツチームと契約して専属トレーナーとなる事や整骨院、マッサージ治療院等で働きながら特定のスポーツ選手と契約するトレーナーもいます。

スポーツ整体は、解剖生理学・運動生理学・トレーニング学と、整体がドッキングした健康産業の新しい形で、将来性ある地域密着型の健康産業ビジネスです。
最近はかなり需要が高まっているので、プロ・アマチュアスポーツ選手や学生などを対象としたスポーツ整体院という道も良いかもしれません。

また、2020年開催予定の東京オリンピックに向けて、スポーツトレーナーの需要はますます拡大していくことが予想されます。

コンテンツ一覧