求人の募集状況

社会情勢の不安な今、自分の力で収入を得られるよう手に職をつける人が増えていますが、そんななか注目されているのが整体師という職業。
ここでは、そんな整体師の求人状況や需要、将来性について紹介していきます。

整体師の需要とこれから

まず、整体の資格というのは民間資格ですが、民間資格とは企業や団体が独自に設ける資格で、こんな技術や知識を持つ人材が欲しい…という声が高まる事により設けられる資格です。
つまり、整体師というのは今、世間での需要が高い職業、世間に必要とされている即戦力という事なのです。

そんな整体師の気になる就職率ですが、学校によって差はあるものの一般的には90%以上と高く、求人も関東圏では比較的多い状況です。

最近では、40代以上の方で整体師に転職する人も増えてきました。高齢化社会を迎えた今、さらに需要が広がると予想される職業です。

整体師が活躍している場

主に整体師としての勤務は、接骨・整骨院、カイロプラクティック院、整体院、整形外科などのリハビリ助手、リラクゼーションサロン、各種マッサージ店、クイックサロンやエステサロン、スパなど多岐に渡ります。
また、福祉系施設や整体学校のスタッフ、スポーツトレーナーなどの選択肢もあります。
全体的に見て、勤務条件は様々ながらある程度安定した求人があるようです。

整体師の求人情報は主に、整体学校への直接求人、整体業界紙の求人欄、求人募集サイトや求人誌、整体院ホームページやメールマガジンでの求人等があります。
整体院は個人開業が多いためアルバイト雑誌等での求人は少なめですが、セラピスト系の仕事はアルバイトから正社員になる事も多く、求人サイト等を活用するのも一つの手です。

しかし、やはり人との繋がりが強い業界なので、整体学校の紹介で決まる事が多いようです。

お勧めなのが、癒し業界専門の就職支援会社の利用です。
例えば、癒し業界No.1の株式会社ウィルワンは、一般には募集されない人気就職先、一流ホテルやトレーナーの求人、有名な先生のいる治療院等の紹介や将来設計相談なども無料で受けられます。

これから整体師の活躍が期待できるフィールド

最近では、美容やスポーツ業界、メンタルケア・カウンセラー的な役割など、整体技術を応用してより幅広いジャンルで活躍できるようになりました。
これからの整体師は、病院の検査で原因が分からない、はっきりとした病名が付けられないなどの症状と向き合っていく仕事と言えます。症状の例は以下の通りです。

それだけに学ぶべきスキルも実に多く、将来的に様々な切り口・可能性を秘めたやりがいのある職業と言えるでしょう。

コンテンツ一覧