整体師に関係のある国家資格

ここでは、整体師に関係のある国家資格や民間資格について説明します。

整体師には資格よりも知識や技術が必要

実は整体師になるには、国家資格も民間資格も必要ではありません。極端なことを言うと、今すぐに誰でも整体師を名乗ることができます。しかし、専門的な知識や技術がなければ、整体師として仕事をして、生活できるレベルの収入を得ることは不可能でしょう。

実際はきちんとしたカリキュラムに沿った講義を受けられる整体スクールに入学して、基本的な知識と技術を習得し、その学校の「卒業認定資格」をもらって整体師となるケースが一番多いようです。

この卒業認定資格というのは、国家資格ではなく民間資格です。資格というよりは修了証に近いものですが、独学では学ぶことが難しい、人体に関する知識と整体独自の手法を、整体スクールで取得したという証明になります。

なお、整体スクールによっては「厚生労働省認可」「東京都知事認証」「内閣府認証」などといった表示がありますが、日本国内には厚生労働省や東京都などの公的組織に認可されている整体スクールはありません。

このような表示は、厚生労働省などが認可している組合に加入している、という意味だと考えられ、公的機関が認定している資格が取れる、という意味ではないのでご注意ください。

国家資格がいらない整体師だからこその利点

整体師と業務内容が似ている職業に、柔道整復師・マッサージ師・鍼灸師(しんきゅうし)がありますが、それら3つは全て国家資格が必要です。

●整体師=国家資格も民間資格も不要。

●柔道整復師=国家資格。養成学校で3年間学んだ後に国家試験を受ける。学費はトータルで約500万円。

●マッサージ師=国家資格。養成学校で3年間学んだ後に国家試験を受ける。学費はトータルで約500万円。正式名称は、あん摩マッサージ指圧師。

●鍼灸師=国家資格。3年制の養成学校または4年制の鍼灸大学を卒業後に国家試験を受ける。学費はトータルで約500万円~750万円。免許は、はり師免許、きゅう師免許の2つに分かれており、片方だとそれぞれ、はり師、きゅう師となるが、両方の資格を取得すれば鍼灸師になれる。

柔道整復師・マッサージ師・鍼灸師は、資格を取得した後は、接骨院や整骨院に勤務するか、自ら開業することがほとんどです。

一方、整体師は資格に縛られないので、職業の自由度があります。整体院だけでなく、スポーツトレーナーや介護・福祉系業界、美容業界で働くなど、幅広い分野で活躍できる職業なのです。

コンテンツ一覧